60過ぎて、アスリート気取り~Like an Athlete after 60

60過ぎて、アスリート気取り~Like an Athlete after 60

よく動けば、老後もすこやかに暮らせるか!? そんな試みを楽しむ日々を綴ります~~The fitness journey of a Tokyo woman in her 60's

人生の後半戦は軽やかに~The Lighter, The Better?

図書館で数十人待ちだった『60歳過ぎたらやめて幸せになれる100のこと』(宝島社、2021年10月)の順番が回ってきた。

 

これまで生きてきた60年という年月の中で、望むと望まないにかかわらず、多くのもの、人との縁、考え方、習慣を手にしてきた(だろう)が、これからの人生をすっきり軽やかにするために、一度それらを見直してみようというコンセプトの雑誌。暮らしの達人や人生の先輩が手放してよかったと思う100のことを教えてくれる。

 

 

健康や人との付き合いなどに関する考え方、そして、そもそも心地いいと感じるモノやことは人それぞれなので、なるほどと思うところだけ真似させてもらおうと思うが、思った以上に共感することが多かった。60年以上生きてきた証か! 苦笑

 

たとえば

● 003「年賀状じまい」……3年前、還暦を機に年賀状を卒業した。

● 008「人間ドックや定期健診は受けない」……還暦の年から(今のところ)無料の最低限の健診だけにしている。

● 084「後始末が面倒なので、揚げ物はやめよう」……もう何十年も前から実行(正直に告白すると、実はコロッケを作ったことがない)。

 

すぐにはできないけど、超理想的だと思ったのは

● 081「主婦業の献立を卒業」……自宅をシェアハウスと考え、家族と一緒に食べる場合は多めに作るけど、基本はそれぞれが食べたいときに食べたいものを作って食べるという考え方だ。

 

いいなぁと思うけどなかなかできないのが、

● 042「普段からの小掃除で年末の大掃除いらず

● 059「白髪は染めない

● 013「過度な運動は危険がいっぱい。控えるべき」……はいっ。

 

まだ実感はないが、遠くない将来に参考になるのが、

● 094「仏壇がなくても故人をしのぶ心があればOK

● 098「後悔も多いリフォームは急がない、慌てない

● 100「老人ホームよりも最後まで自宅で過ごすことを考える」……これは、「ひとりで暮らしていけるギリギリまで」という枕詞がつく。

 

限られた人生。年齢を重ね、自分の立場や環境も変わってきた。自分を楽にするためにも、人生の荷物は軽くしたい。

 

10月に入って、3日間、毎日走ったので、013のアドバイス(↑)に従って、今日は散歩とゲレンデワークアウト(坂道アップ&ダウンのジョグ)。

3日間のランニングの平均心拍数はまったく同じだった!

 

昨日は曇り空で過ごしやすかったので、走った後も公園内でストレッチ。左側のY字バランスはまだ違和感はあるものの少しずつ元に戻りつつある。先日ジムでボディコンバットをやったときに久々に思い出した空手の蹴りや突き……25年前は熱心に稽古に通っていて、もっと回数をこなしていたが、10回3セットでヘロヘロだった。帰り道の公園の一角に目を引くなんだか不思議な茂み……コキアというらしい。形も色もとても個性的!

 

食べられない握り寿司~It Looks Yummy......But It's Inedible!

9/27のモーニングサテライトの特集「白熱ランキング」は「大人も楽しめる現場見学」だった。番組が注目したひとつは7位の食品サンプル製作体験(ちなみに、1位はお菓子のテーマパーク、グリコピア・イーストのポッキーやプリッツの製造工程の見学)。

 

レストランの入り口によく展示されているメニューのサンプル。私たちからすると当たり前の光景だが、海外からのお客様は本物そっくりの美味しそうなサンプルに歓声を上げたものだ。食品に関する道具ならあらゆる物が買えるかっぱ橋道具街(上の写真のように、巨大なシェフが迎えてくれる)では、この食品サンプルに特化したお店がいくつかあり、寿司やラーメンから野菜やビールに至るまで300点以上のサンプルが所狭しと並んでいる。にぎり寿司1貫のキーホルダーなど、食べられないのに本物よりずっと高価だ。そして、そのサンプルを実際に製作してみるという体験を提供しているところもある。番組で取り上げていたのは元祖食品サンプル屋

 

ここは、5年前に、UKのご家族をガイドしたときに、たまたまテレビ撮影が入り、放映されたところ。みなさん一緒に「食品サンプル、サイコー!」と笑顔で撮影を終えたのが懐かしい。

 

最近、政府が水際対策を緩和し、いよいよインバウンド業界が賑わい始めた。円安効果も間違いなく後押ししている。浅草に近いかっぱ橋道具街にも多くのお客様が戻り、ワクワクしながら、60℃の蝋からレタスやエビ天を作ることだろう。私は諸々考えて、今秋のガイドの復帰は見送ったが、来年に備えて、復習しなきゃと思った朝のひとときだった。

 

気温22度で日差しが柔らかい今朝は、まさにランニング&散歩日和。いつもの公園とは違う川べりのコースを選び、水のせせらぎをBGMに気持ちよくゆるラン。戸外のそこここから、金木犀の甘い香りが漂ってくる。自然が惜しげもなく与えてくれる恵み。感謝しながら存分に楽しませてもらった。

 

舌も身体も喜ぶ季節~Enjoy Eating and Exercise

最近、何でも美味しくって、まさに食欲の秋になりそうな予感。美味しく食べられるのは健康な証拠だから、うれしい限りだけど、食べた分は動きたいしスポーツの秋も楽しみたい……

 

故障を避けるためにも靴への投資は惜しまないことにしているので、ランニング用と普段履き用にMBT(Masai Barefot Technology)を2足追加した。ずっと愛用しているCostaのポーチもファスナーの近くが破れてきたのでオンラインで注文する。このポーチ、楽天市場でポイントを使ったら、なんと9円で購入できた。

 

昨日は、所用のついでに、カラッと気持ちのいい秋晴れの都心をたくさん歩いた。地下鉄一駅分を歩くのは意外に簡単だけど、トータルで4万歩超えは自分でもちょっとびっくり。

 

途中で見つけたお寺のメッセージが勇気をくれる。歩くと発見がいっぱいだ。

道に迷うことこそ
道を知ることだ

迷った分だけ、見つかった道が深く脳みそに刻まれる。人生の道もしかり、だよね。

 

 

夏の暑さが和らぎ、走るには気持ちの良い季節の到来だ。去年の秋はランニングが好調でペースアップを楽しんでいたが、今年はまだまだ本調子ではないので、一昨日も今日もゆるラン。このくらいのペースと時間なら、中殿筋の痛みも感じない。公園の花壇には淡い色のダリア(?)が静かに咲いていて、気持ちを穏やかにしてくれる。いつも手入れをしてくれているボランティアの人たちに感謝♡

何事もトキメキは大事~Does It Still Spark Joy?

Netflixで、ふと目に留まった「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」。自宅を片付けられない人たちを片付けコンサルタント近藤麻理恵さんがヘルプしていくリアリティショー。

 

彼女の片付け術のキーワードは「ときめくかどうか」。現在はアメリカを拠点に活躍している彼女の片付けは、依頼人と一緒に、正座して部屋に向かってお辞儀をすることから始まる。まさに、依頼人がKonMariワールドの扉を開ける瞬間だ。そして、所有している衣類、本類、紙類、小物類、思い出の品の順番に、カテゴリー別にすべての物を1箇所に集めて、1つずつ「これにときめくか?」と自問し、ときめくものだけを残していく。もちろん数週間をかけての大型プロジェクト。膨大な時間とエネルギーをかけ、時には投げ出したくなりながらも、KonMariの言葉に耳を傾け、励まされ、依頼人は遠いゴールを目指す。

 

私が視聴したエピソードは若いカップルとリタイアしたカップルたちのエピソード。どちらも、踏み場もないくらいの物でいっぱいの家の中を片付けていく過程で、物理的な空間だけでなく、彼らの心の中までもが整っていくのが感じられた。

Netflix提供のKon-Mari Methodのエピソード/一度履いただけのロングスカートの買取価格は420円

私も定期的に洋服類を処分しているのだが、先月、店頭のディスプレイを見てトキメイて、買った黒のデニムスカートの後日談がある。スカートは普段履かないので迷ったけど、半額になっていたのにも背中を押され購入したのだが、一度着ただけで、トキメキが終了してしまったのだ。とにかく動きづらくて、早々にもう着ないだろうと判断し、さっさと売りに行った。定価14,300円を半額の7,150円で買って、10日ほど我が家にステイして、420円でバイバイした……トホホの気持ちではあるけど、今後に活かせる経験ができたと前向きにとらえよう。

 

今日は、台風の影響で雨だったので、思い立ってジムへ。

 

格闘技系のエクササイズのボディコンバット、ヨガ、ズンバの3レッスンをとる予定だったけど、最後のズンバは整理券が必要で、ヨガが終わった後ではすでに長い列ができていて参加できなかった。代わりに筋トレかトレッドミルで走ろうかと思ったが、ボディコンバット45分でヘロヘロになっていたので、トレッドミルでウォーキング……苦笑

fitbitはボディコンバットをエアロビックワークと判断……まさに有酸素運動

 

美味しい三姉妹~Yummy As Well As Rich in Enzymes and Polyphenols

信州の葡萄3種をいただいた。大好きだけど、値段が高いので自分のためには買ったことがないシャインマスカット!巨峰とよく似たナガノパープルと、名前がおしゃれなクイーンルージュは初めて見る品種。3種併せて信州葡萄三姉妹というと教えてもらった。三女のクイーンルージュは今年デビューとのこと。

 

信州の葡萄三姉妹/食に関する意識をガラッと変えてくれた画期的な1冊

子供たちが小さいころ、豊富に買う余裕はなかったので、母の私にまでなかなかまわってこなかった果物。しかし、40代半ばに『病気にならない生き方:ミラクル・エンザイムが寿命を決める』(by新谷弘実、2005年、サンマーク出版)を読んで、酵素の存在を知ってからは、積極的に食べるようになった。どれも皮ごと食べられ、酵素ポリフェノールもたっぷりの三姉妹葡萄。明日の朝、感謝しながらいただこう。贅沢すぎる信州の秋の味が、今から楽しみ♡

 

最近夜明けが遅くなってきた。今日は何の予定もないのでたっぷりと朝寝坊しようと思っていたのに、4時過ぎには目が覚めた。試みた二度寝もできず、いつも通り、呼吸と太陽礼拝と自己流ワークアウトをやる。暗くて静かな中でやると集中できる。動く瞑想の時間。

最近何かと忙しくて、しっかり動けていなかったけど、今日はゆるランも散歩も夕方ヨガもできて、体も心もご機嫌だ。

 

まだ雨が降り始める前に、最近その存在を知った徒歩圏内にある神社にお参り。仲良く泳ぎ回る色鮮やかな鯉たちを見て、私も元気いっぱい!

 

 

木と紙と土の温もり~Something Simple Gives Me More

下町情緒あふれる街並みを好むゲストをよくお連れした谷根千(谷中、根津、千駄木)エリア。その一角にユニークなギャラリーがある。元銭湯を改造した「SCAI THE BOTHHOUSE」。広くない空間で現代美術に特化した作品を鑑賞できる。

 

 

今、展示されているのは、韓国人アーティストの李禹煥(Lee Ufan)氏の作品。瀬戸内海に浮かぶアートな島、直島にもあの安藤忠雄氏とのコラボレーションによる彼の美術館があるという。六本木の国立新美術館でも、11月7日まで彼の回顧展が開催中だ。

 

 

銭湯そのものの引き戸をがらがらっと開けると、「物質の肌合い」と題された李禹煥の世界が広がる。自然素材からなる、そのシンプルな作品を前にすると、うまく表現できないが、無機と有機の融合というか、すうっと心の中の波風が凪ぐというか、そんな感覚を持った。

 

 

今日は、台風の影響で雨予報。いつもと違うパタンで、まさに朝活。私にしてはブランチと呼べるような9時も過ぎての朝食。最近、バタバタしている割には、何でも美味しくて、食べすぎ傾向にあったから、ゆっくりと時間をかけるブランチもいいかな。

 

ランニングの後にお参りした神社では、もう銀杏が落ちていた。

 



若いママの偉業~Necessity is the Mother of Invention

ガイドの仕事をするまで、地下鉄にはほとんど縁がない生活だった。50歳からの約10年のガイド業務で好んで手を挙げたのは、個人の欧米人がゲストの案件。ゲストは都心のホテルに滞在して、専用車利用以外は、公共交通機関を使う。なので、いかにスムーズに地下鉄を乗り換えられるかが、私の大きな懸念事項のひとつだった。4時間か8時間のガイディングだが、行先は事前に決まっていないので、場所がわかっているホテルからの行程を数パターン用意して臨むが、お会いして初めて階段はNGというゲストもいらっしゃる。下見をしていないところをリクエストされたら、笑顔だけど、頭はフルフル回転!ありがたいことに、回数を重ねるにつれて、私の頭の中には、あの駅なら、あのエスカレーターを使って地下に降りて何号車から乗るといいとか、トイレのリクエストがあったらあそこがいいとか、そんな知識が積みあがっていった。

そして、地下鉄ホームで待ち時間がある時に、嬉々として説明したのが「乗り換え便利マップ」(下の写真の一番左)。何号車に乗れば、降車駅で出口やトイレに近いかを教えてくれる優れもの。子供を連れた若いママが苦労した経験から作り上げた案内板だ。ゲストはいつも感嘆し、私も「必要は発明の母だよね」なんてニッコリ。乗り換えの案内は、メトロが出している冊子もあるし、複数のアプリケーションも充実しているみたいだが、私にとってはこのホームの案内板がどれだけありがたかったか。知らない場所へ行くときは、説明(するふり)しながら、何号車に乗ればいいかを確認したものだ。

 

先日、久しぶりに大手町駅地下道を利用した。長い間の工事は完了しているが、5つの地下鉄が乗り入れ、東京駅にも直結している地下道はいまもまだ複雑。工事中は頻繁にルートが変わったし、ゲストと話していてサインを見落とし謝って来た道を引き返した時もあった。雨の日に東京駅から皇居東御苑に行くときは雨を避けるために地下道を利用したが、いつも頭の片隅で東御苑に一番近いパレスビルにつながる出口「C13b」と唱えていた。

 

都内地下鉄ホームにある優れもの/複雑な大手町駅地下/1枚で完結できる地下鉄map/下見する前の必需品

先日シャワーランの人を見かけて、走りたい気持ちが高まり、中殿筋の違和感も緩和されてきたようなので、昨日おそるおそる30分だけ走ってみた。ゆるランだけど、なんと1か月ぶりのランニングだ。うれしいことに、今朝のストレッチやヨガでも悪化は見られない。気温も22度でひんやりするくらい。まさにランニングにうってつけだったので今朝も45分走ってみた。あ~幸せ!

 

昨日と今日のゆるラン/雲間から覗く朝5時の満月を見ながら朝のルーティン/帰り道に見つけた小さな秋

 

今週末は、仕事ゼロでのんびり~たまった家事をやらなきゃだけど、それよりも読書と昼寝を優先させる。お供は、シャカタクのNight Birds🎵エンドレスに聴いていたい♥